薄城・笹山城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
文明11年(1479) 長尾景春、塩沢城に逃れ再挙を図る
文明12年(1480) 在地土豪の夜襲を受けた景春は塩沢城を棄て熊倉城へ逃亡
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城域に入ると広々とした場所に出る
そこから山頂へ向かう途中に段郭が連続する
最高所は鐘撞場と呼ばれる平場であり
山岳信仰の石祠や石碑が建っている
ここを主郭としても良いと思うが一段下がった郭を
主郭とするのが一般的のようなのでそれに従い表記した
主郭と二の郭の削平はきちんとされており
小屋掛けするならば二の郭が適当と思うが
恒久的な居住を意図した城ではないことは明らかだ
土塁は主郭の東辺に痕跡が見られる程度であり
明確な堀切は見られない
 
塩沢城跡 掻き下ろしの斜面 二の郭跡
主郭跡の土塁 石積み 鐘撞場跡
 
 四阿屋山の北西に伸びる尾根上に塩沢城は聳えている。ずっと前から行きたいというよりも行かねばならないと考えていた。埼玉県内の城郭探訪をしている者にとっては、どうしても避けては通れない山城だからだ。
 塩沢城はアクセスが悪いし比高差も250メートルぐらいある。道標もなく熊が棲息する山道を登らねばならないし、苦労に見合うような遺構が残る山城でもない。往路はてっぺん目指して登れば良いが復路は尾根幅が広いために迷いやすいという。おまけに無事下山しても今度は帰りのバスがないという事態に見舞われる可能性が高い。ちっとも良いところがない城だからどうも足が向かないでいた。
 ただ、秩父あたりの城跡はほとんど廻り尽くしたのと、やっぱり長尾景春の逃亡伝承が残る城だから避けて通れない。ここだけぽっかり穴が開いているような感じが嫌だったから、意を決して登る覚悟をした。それでも一人は心細いので城仲間を誘って訪問することにした。
 別の城仲間からは登り1時間はかかると聞かされていた。帰路に迷ったらとにかく左へ左へと進めば下山できるとも聞かされた。暮れの曇り空に覆われた寒い日に塩沢城との戦いが始まった。
 登りはきついけど気持ち的には楽だ。堀底状の道をただひたすら登るだけだから。仲間が着けていた熊除けの鈴の音を聞きながら山道を行く。少し汗ばんできたところで広々とした場所に出た。そこはもう城域だったようで、段郭を越えると二の郭へと着いた。ここまで休憩を交えながらも40分ぐらいだったからかなり早いペースで登ってきたことになる。
 遺構は予想していたとおりで驚くほどのことはなかったし、それほどの眺望も利かなかったけど達成感だけは十分に味わえた。鐘撞場と呼ばれる郭で腰を下ろして食事をしたが、景色も冴えないためかそれほどの爽快感はなかったと思う。
 せっかく来たわけだし、なかなか来る機会もない城だから滞在時間は長かった。デジタル画像の撮影時間から算出すると1時間余りいたことになる。帰りは当たり前のように来た道を戻ったわけだが、予想通り道を見失いかけた。忠告通り「左へ左へ」と念仏のように唱えながら歩いたら登ってきた場所に出た。
 山城の遺構としては寂しい印象しかない塩沢城だが、追っ手の探索をやり過ごすための逃げ込み城だからこれでいいと思う。息を潜めて時節を待つ景春の息遣いが感じられる城だった。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「三峰口」下車
小鹿野町営バス「日向大谷口」行きで「牛房」下車 
登山道入口の塩沢宇賀神社までは徒歩30分
城跡までは徒歩45分から60分程度
特記事項