小沢館跡の長屋門
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
大永年間(1521〜28) 武田信虎に追われた逸見若狭守義綱が武蔵国秩父へ逃れ居館を構え山内上杉氏に仕える
永禄4年(1561) 逸見若狭守義綱、北条氏に仕え鉢形衆の重臣となる
天正18年(1590) 北条氏滅亡。逸見氏も帰農する
 
参考 逸見道場案内板
 
 中世武士の居館跡としてよりも江戸時代の甲源一刀流道場耀武館として知られている。甲斐武田氏の同族逸見氏の居館跡だから立派な戦国時代の居館跡なのだが、そちらについては案内板にもさらりとしか触れられていない。鉢形城には逸見郭という名称の郭が残り、逸見氏は勇猛で名を馳せた。
 館の規模はそれほど大きくないし、立派な土塁や堀があるわけでもないのでやや面白みには欠ける。ただ、それほど期待して訪れたわけでもなかったのでそれなりには楽しめた。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
小鹿野町営バス「薬師の湯」行きで「小沢口」下車 
館跡までは徒歩3分