石積みの土塁
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野
遺構 土塁・水堀
現状 宅地・農地
目標物 標柱・案内板
史跡指定 小鹿野町指定史跡
 
室町時代 畠山重忠の後裔を称する奈倉加賀守行家が館を築く
永禄13年(1570) 武田氏が秩父へ侵攻。北条氏に仕えていた奈倉下野守重則は討死
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社・奈倉館跡案内板
 
 
奈倉館跡 堀跡 土塁
土塁 土塁壁面の石積み ようばけ
 
 寒い冬の一日だったことをよく覚えている。どんよりとした鉛色の空に覆われていたためほとんど日差しがなかった。吉田町から小鹿野町にかけての城館をいくつか回り、最後のほうに奈倉館を訪れたと思う。
 石が積まれた土塁がとてもよく残っていた。深い堀跡も見ることができて楽しめたが、途中から雪がちらほらと舞い落ちてきた。静寂に包まれた奈倉館が余計に寂しく見えた。ここからは「ようばけ」と呼ばれる堆積層がよく見える。1500万年前の堆積地層が川の浸食で今のような姿となったと本に書いてあった。海だった時代の名残りでクジラやサメの化石が発見されている。僕は奈倉館よりもこちらばかり見ていたような気がする。
2008/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
西武バス「小鹿野車庫」行きで「松井田」下車 
館跡までは徒歩30分程度