円良田城
 
 
主郭西の堀切
所在地 埼玉県児玉郡美里町円良田
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 猪俣範綱、虎ヶ岡城を築く
天正18年(1590) 豊臣秀吉、北条氏討伐を号令
  豊臣軍別働隊の真田昌幸が虎ヶ岡城を攻撃し守将矢那瀬大学は城を棄て逃亡し落城
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城の南側に続くハイキングコースから登った
屈曲させた道を登り詰めると主郭下の腰郭へ出る
主郭には東屋が置かれ眺望もそこそこ開けている
西尾根へ下りると巨大な堀切がありいちばんの見どころだ
二の郭と三の郭間の堀切も岩盤を削った豪快な遺構
三の郭の坂虎口は竪堀を備えている
東尾根の堀切を越えると四の郭で壁面に石積みが残る
東端の堀切も規模が大きくて見応えがあった
冬場は落ち葉に埋もれて見つけづらいが井戸がある
この先に遺構はなくハイキングコースが続き下山できる
 
虎ヶ岡城跡 主郭下の腰郭 主郭西の堀切
二の郭西の堀切 三の郭の堀切と土橋 主郭跡
四の郭跡の石積み 四の郭東の堀切 井戸跡
 
 虎ヶ岡城のことを知ったのは秩父路の古城址という本を読んだときだから昭和の終わり頃だと思う。日本城郭大系では虎ヶ岡城を秩父郡長瀞町の城として紹介し、別名の円良田城を児玉郡美里村の城として別々に紹介している。当時はインターネットもない時代だから混乱するのも無理はない。自分も情報がまったくない時代に5万分の1の道路地図を眺めつつ虎ヶ岡城の所在地を探したがさっぱりわからなかった。それ以来、ずっとこの城のことは忘れていた。
 ささやかながら城跡廻りのホームページを開設し、そこで知己を得た城仲間に誘われて虎ヶ岡城を訪れることになった。ああ、そう言えばこの城を探して挫折したことがあったなぁと思いつつ訪れたのを思い出す。陣見山のハイキングコースからだと登りがきついようで、円良田湖側から続くハイキングコースを利用した。
 美里町円良田と長瀞町矢那瀬の境界線上に位置し、東に猪俣城、南には金尾城が存在している。この城の歴史は豊臣軍に攻め落とされたときのことしかはっきりしていない。猪俣氏の築城とされるが、実際には花園城主だった藤田氏の支城として築かれたのではないかと思う。
 初めて訪れたときは道標もなく、主郭に「ここは虎ヶ岡城」と書かれた小さなプラカードが樹木にくくりつけられていただけだったが、10年後に訪れたときには道標が設置されており、城跡を示す案内標識も大きくなっていた。
 遺構はとても見事だ。特に尾根を断ち切る堀切は長野県や群馬県の山城と比較しても遜色ないぐらい豪快な規模だと思う。最初の訪問時も堀切がたくさんある城だなぁと思ったが、規模の大きさについてはほとんど忘れていたから、再訪時に改めてその巨大さに驚いたほどだった。虎ヶ岡城への尾根歩きはとても爽快だった。道はきれいで歩きやすく、真夏以外は快適な歩けるように思える。再訪時は花園御嶽城から円良田湖を経てやってきたが、疲れを忘れるぐらい楽しんで歩くことができた。
2006/12/23・2017/01/19
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「波久礼」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項