白鳥城・根古屋城
 
 
腰郭の石積み
所在地 埼玉県秩父郡長瀞町岩田
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
天文元年(1532) 藤田重利が花園城に代わる居城として天神山城を築く
天文15年(1546) 河越城の戦いで山内上杉氏が衰退し藤田氏も北条氏に降る
天文17年(1548) 北条氏光が城主となる
天正18年(1590) 前田利家、上杉景勝らの攻撃を受け廃城となる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
 
 
私有地となっているために大手道からは登れなかった
一応チェーンで立入禁止となっているが
見学については半ば黙認されているようだった
白鳥神社側から道がついており登り詰めると主郭がある
有名な模擬天守は朽ち果てているので危険だ
観光地化された影響で遺構はかなり破壊されているが
壁面の石積みや主郭付近の堀切はよく残っている
二の郭がいちばん破壊が著しいが腰郭は良い状態だった
三の郭の横堀はなかなか良い感じだが藪がきつい
東斜面の急傾斜を下りると出丸がある
こちらは観光地化のときも手つかずだったために
素晴らしい状態で遺構が残されている
尾根上の主要部と出丸とではかなり相違があるように思う
主要部は藤田氏、出丸は北条氏による増築と見ることができる
ずっと荒れ果てたまま放置されているので
真冬でも背の高さを越えるぐらいの草ぼうぼうだった
 
天神山城跡 北西斜面の横堀 主郭跡の模擬天守
主郭南の堀切 竪堀 二の郭跡
二の郭の堀切 三の郭跡の横堀 出丸跡の堀切
 
 中学生の頃に買った城跡巡りの本に天神山城の模擬天守が写るカラー写真があった。当時はまだ観光地として健在だったのだろうか。城跡巡りをはじめた20代の頃には天神山城もすっかり「廃城」となり、天守閣は朽ち果て堀切に架かる橋も錆で腐食していた。
 比較的訪れやすい山城ということもあり、何度か訪れているが遺構は案外よく残っている。破壊されてしまった部分がどんな様子だったのかは今では知ることはできないが、中世の山城としての魅力は十分残っていると思う。
 本当はいけないことだけど、廃墟らしさが冒険心をくすぐる城だ。同じようなことを考える人が他にもいるのだろう。観光客が訪れたであろう施設の周りにBB弾がたくさん落ちていた。これはこれで「つわものどもが夢の跡」といった風景だった。
 壁面の石積みは大部分が崩れかけているけど、かなり広範囲にわたって積まれている。破壊されてしまった堀切も真横から見るとその断面がなんとなくわかって面白かった。東斜面はかなり急な傾斜がありロープがないと降りられないような場所だが、そこには出丸跡が残っている。ここは一人できたときには見落としていた。戦友と一緒に訪れたときに案内してもらったのだが、山頂部の遺構とはまったく趣きを異にする造りだった。模擬天守もいつかは崩壊してしまうだろうが、そろそろこの城を本来の姿に戻してあげる時期じゃないかと思う。無用な建物の残骸を取り払い、埋めてしまった堀切を復元するのはそれほど大変なこととは思えない。草刈りをして案内板のひとつでも設置してあげたいぐらい良い城なのだから。
2005/03/20・2006/12/23・2010/03/03
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「野上」下車
登山道入口の白鳥神社までは徒歩25分
城跡までは徒歩15分程度