大手桜
所在地 埼玉県秩父郡長瀞町井戸
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 天神山城大手桜案内板
 
 
 白鳥神社から天神山城に登った。大手道は私有地のため鎖で封鎖されている。見学は半ば黙認されてはいるけど、何となく気持ち的にそちらを避けて白鳥神社から登ることにしている。とは言っても帰り道はいつも堂々と大手から下りてくる。何度か登っている天神山城だけど田城のことは知らなかった。大手桜と案内板があるから気軽に立ち寄ってみたら田城のことが書かれていた。
 その由来や歴史はわからない。天神山城の大手にある桜だから大手桜と呼ばれている。今の桜は樹齢200年程度というから戦国時代に天神山城へ行き来した武士たちの姿を見ていないことになる。案内板に「土地の古老によると天神山城の大手の桜ではなく、桜の木の前に広がる田んぼの中にあった田城という城の大手の桜であった」と記されている。田城というのは外城の転訛かなとも思うけど何もわからない。天神山城は藤田氏や北条氏邦が居城したから、大手には重臣の屋敷を並んだはずだ。廃城後に開墾されて田城と呼ぶようになったのだろう。
 桜の古木から県道を隔てたところにある田んぼがその跡であるとのことだが何も残っていない。向こう側は崖となって荒川に落ち込む地形で小川も流れている。荒川沿いに見られるような崖端城の地形に当てはめることはできると思う。
2010/03/03
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「野上」下車
大手桜までは徒歩20分程度