屋敷跡遠景
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 横脛悪三郎時親の子時綱が横瀬氏を名乗る
 
参考 地図で歩く秩父路/さきたま出版会・寺坂棚田案内板
 
 
館跡復元図 寺坂の棚田 棚田と武甲山
 
 秩父の入口にあたる横瀬町は自宅からそれほど遠くないこともあってよく訪れる。果樹園と清流、温泉もあって季節を問わず楽しい場所だ。秩父の象徴でもある武甲山もよく見える。娘が小さい頃は家族で横瀬川によく遊びに来て一日中泳いでいた。横瀬川はとても澄み切っていて、ゴーグルをつけて水に潜るとたくさん魚が泳いでいる。ウグイやハヤがほとんどだと思うけど、カマツカやヨシノボリなんかもいて楽しい。
 横瀬六郎左衛門屋敷跡は寺坂の棚田を見下ろす場所にある。水に恵まれ美田が連なる領主にとっては理想的な場所だと思う。こんな場所の殿様はとても幸せだったろうなと思った。遺構は何も残っていないけどシロノアトやドウジョウという古い地名が残っていたらしい。
 屋敷跡への訪問は2回だけど初秋のときは棚田が黄金色に靡いてとてもきれいだった。日本の秋って本当に美しいと思う。視覚的な美しさだけじゃなくて豊穣の秋の美しさ、作物が実り人の心が満たされる豊かさがある。それを祝うかのようにアカトンボがたくさん飛んでいた。豊かな土地と清らかな川の流れをずっと守りたいという気持ちにさせられる。
2007/11/11・2011/09/08
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「横瀬」下車
寺坂棚田までは徒歩25分程度