砦跡と武甲山
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
遺構
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 古御嶽城と横瀬根古屋城の間に築かれた砦
 
参考 秩父横瀬根古屋城跡/横瀬町教育委員会・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石祠 平場 腰郭
 
 横瀬根古屋城の発掘調査報告書に「山城跡?」とマーキングされている場所がある。ちょうど根古屋城と古御嶽城の中間に位置する場所にあるので気にはなっていた。戦友と秩父の城跡を攻めた帰り道に横瀬町を通った。そのときに二人ともこの場所を同時に思い浮かべ、一度確かめてみようということになった。
 猿田彦神社に車を停めて登山を開始する。平坦な郭跡へは5分程度で着いてしまったように思う。確かに広大な平坦地が広がっている。鉄塔が建っているが、その建設資材を置くためだけの平場とは思えない。腰郭みたいな地形があるし古い石祠もあったりするから城跡っぽく思えた。ただ、そう断定するにはちょっと気がひける感じもする。戦国時代に山内上杉氏と北条氏がこのあたりで争ったという伝承がある。そのときに兵たちが起居するために切り拓かれた場所じゃないかと思う。日本城郭大系の巻末一覧を読むと古御嶽城の説明の欄に机ノ平と呼ばれる平坦地があると書かれている。これこそがこの砦のことだろう。だから机ノ平砦と呼ぶことにするが誰がどう呼ぼうとかまわない。武甲山が口を利けたならいろいろ尋ねてみたい場所だった。
2014/04/06日
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「横瀬」下車
猿田彦神社までは徒歩40分程度
特記事項