主郭東の堀切
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定 横瀬町指定史跡
 
戦国時代 山内上杉氏家臣の永田外記が居城する
天文15年(1546) 河越城の戦いで北条氏に敗れた上杉憲政が古御嶽城へ逃れ、防戦した永田外記は討死したという
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
横瀬根古屋城から武甲山方面へ入った場所にある
麓に秩父石灰工業の工場があるので
その手前の鉄塔保守道から登ることができる
鉄塔の建つ平坦地からさらに山道を登ると岩場へ出る
岩場を登りきると城跡へ到達する
低い岩場だが角度は急なので注意を要する
主郭跡には横瀬町の史跡標柱が建ち信仰の碑が並ぶ
岩盤をくり抜いた堀切が見どころであり
二の郭を越えた細い尾根にも堀切があり城域が終わる
腰郭もきれいに削平されている
小規模だが遺構がよく残る山城だ
 
古御嶽城跡 腰郭 主郭跡
主郭東の堀切 二の郭跡 二の郭東の堀切
 
 横瀬根古屋城は何度か訪れているが、その先にある古御嶽城は長い間訪れることがなかった。その存在はずいぶんと前から知っていたが、なかなか登る勇気が湧いてこなかった。それから月日は流れ、秩父地方の山城はかなりの数を登った。これだけ場数を踏めば古御嶽城は楽勝だろうと自信が出てきたので登ることにしたのだが、この年の冬は記録的な大雪に見舞われた年であり、2月に訪れたときはかなりの積雪。それでも無理をして登ったが岩場にきたところで諦めた。途中まで登ったのはいいが、これを下りる自信がなかったから。
 半月ほど待って再び古御嶽城を目指した。雪は残っていたが前回よりは歩きやすい。例の岩場まで来たが無事に登攀することができた。小さい城だけども見事な堀切があるというのが第一印象だ。思ったよりも郭は広々している。必要最小限の土木作業で構築された城は大好きなので、いっぺんで気に入ってしまったようだ。それにしても比高差200mを越える山頂に史跡標柱を担いで運んできた町役場の人たちには頭が下がる。ほとんど無名に近い城だと思うが、昭和48年に文化財登録されていたことに驚いた。
 はじめて訪れたとき、つまり岩場で断念したときは帰りに尾根をひとつ間違えてしまい、見下ろすと石灰工場が間近に見えるところに出た。二度目のときは間違えないように分岐のところに枝を立てておいたから迷わずに済んだ。低い山だけど尾根の分岐を見落としやすいので用心するに越したことはない。
2014/03/07
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「横瀬」下車
登山道入口までは徒歩40分
城跡までは徒歩25分程度
特記事項