机ノ城
 
 
西郭の横堀
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 横瀬町指定史跡 
 
  創建については不詳
戦国時代 北条氏に仕えた浅見伊賀守慶延が横瀬根古屋城を守備する
天正18年(1590) 北条氏滅亡により廃城
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
道標が整備されて昔より訪れやすくなった
ただ、城内はあまり整備されていない
散策路に沿って歩けば西郭から反時計回りで見学可能
西郭は比較的新しさを感じさせる造りで面白い
特に横堀の迫力はこの城の最大の見せ場といえる
尾根を登ると堀切があるが図面がないと気づかない
主郭は石灰採掘でほとんど失われた
主郭から腰郭を経て二の郭へ至るところに堀切がある
土橋を伴うこの城でもっとも明確な堀切である
そこからはだらだらとした下りがあって水の手と東郭へ
主郭から東尾根へかけての遺構はそれほど面白味がない
 
横瀬根古屋城跡 西郭の虎口 西郭の竪堀
西郭跡 西郭 御殿跡 雁木坂
西郭の横堀 西尾根の堀切 主郭跡
二の郭跡の堀切と土橋 東郭跡 城跡からの眺望
 
 横瀬根古屋城と一般的には呼ばれているのでここでもそれに従うけど、根古屋は城兵たちが寝泊まりした場所だから、城名としてはやはり机ノ城と呼ぶのが正しいと思う。この城には何度か訪れている。最初は春先で横堀に降りようとして足を滑らせて転落した。高さはそれほどでもなかったが骨折してもおかしくないほどだった。ちょうど枝打ちされた杉の木が堀底に積まれていて事なきを得た。その代わり横瀬駅までずっとくしゃみが止まらなかったことを覚えている。ただ、骨折や打撲よりはずっといい。
 二度目はまだ夏を思わせるような9月のこと。山城探訪には早すぎたようで藪蚊がたくさんいたし、西郭では大きなアブに襲われて這う這うの体で逃げ出した。おかげで腰を痛めたことを記憶している。三度目の正直は平成26年の大雪のときだった。あの年は間を開けずに2度の大雪に見舞われたのだが最初の雪のすぐあとだった。写真で見るとそうでもないが、西尾根の登山道はかなり積もっていた。我ながら馬鹿なことをしているものだと思ったが、おかげで二の郭の堀切が明瞭に見えた。
 残念ながら秩父という場所柄、石灰採掘のために主郭がざっくりと削られている。もったいないことをしたものだと思う。完全に消え失せてしまった城も多いので横瀬根古屋城はまだ幸運なのかもしれない。西郭の遺構はとても見応えがあって面白いが、そこから順路に従い見て回るにつれて飽きてくるというか、面白さが尻すぼみに終わる城だと思う。主要部と西郭では造られた時代が違うのだろう。北条氏邦が在城したという説があるから、西郭はそのときに増築されたのかもしれないし、実際に御殿と呼ばれている。全体的に見れば佳作と呼ぶのが似つかわしい城だけど秩父への入口を抑える城郭として見学して損はない城だと思う。
2005/03/13・2009/09/15・2014/02/07
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「横瀬」下車
西武バス「松枝」行きで「根古屋」下車 
登山道入口までは徒歩5分
西郭跡までは徒歩5分程度
特記事項