秩父氏館・吉田城・鳥方城
 
 
鶴ヶ窪城跡遠景
所在地 埼玉県秩父市下吉田
遺構 消滅
現状 秩父市立吉田小学校
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
平安時代末期 秩父武綱が鶴ヶ窪城を築く。畠山氏、河越氏、江戸氏らを輩出し一族は繁栄する
正平23年/応安元年(1368) 武蔵平一揆で坂東平氏の多くが衰退する
戦国時代 秩父孫二郎が北条氏邦に仕え秩父衆を組織
天正18年(1590) 北条氏滅亡。秩父氏も帰農し彦久保姓に改める
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 案内板 航空写真
 
 坂東八平氏の中でももっとも栄えた秩父党の居城だ。源頼朝が挙兵したとき、一度は敵に回ったが累代の重恩に報いるべく、頼朝のもとに帰参した畠山重忠や江戸重長たちはみんな秩父党の出身だった。山間部で育った武士たちは屈強で馬を育てる牧場もあったろうから、それはそれは強力な武士団を形成していたのだろう。
 その秩父氏の栄華の跡は小学校が建設されて遺構を見ることはできない。校庭隅にある案内板がせめてもの慰めだった。校庭を縁取る土塁は当時のものと思いたいけど、実際はどうなのだろう。ただ、谷を挟んで眺める鶴ヶ窪城はさながら天空の要塞のようだった。
2008/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「吉田元気村」行で「吉田上町」下車
吉田小学校までは徒歩5分程度