堀切
所在地 埼玉県秩父市三峰
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
歴史不詳
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
三峰神社のバス停から神社方面へ向かう
土産屋を過ぎたあたりに旧参道の尾根道の道標がある
尾根上へはわけもなく登ることができる
尾根伝いに歩いて行くと途中にいくつかの堀切がある
確かに堀切だし土橋も残っているが
はたしてこれらが本当に城郭遺構なのかはわからない
 
遺構の残る尾根 尾根上の郭 土橋
二重堀切 主郭跡 堀切
三峰神社 本殿 城跡からの眺望
 
 三峰神社は小学生の頃、祖父に連れられてきたことがある。神社の隣にあるホテルに泊まり、霧の濃い中を秩父湖まで歩いた。途中、どこかに博物館があってニホンオオカミの剥製を見た。朝、共同トイレの洗面所で顔を洗ったとき、水道の水が冷たかったことや浴場の湯が熱かったことを断片的に記憶している。
 ここを城跡として紹介しているのは秩父路の古城址という本だけだ。埼玉県が実施した城館跡の悉皆調査にも記録されてはいない。この目で確かめないと気が済まない性分なので夏の時期に訪れてみた。西武秩父駅は暑かったけど、バスに揺られて1時間ちょっとで着いたバス停に降り立ったときに風がひんやりとしていた。標高が高いと気持ちがいいものだ。小さな無料の博物館があってツキノワグマの剥製が展示されていた。小さい頃、ニホンオオカミの剥製を見たのはここだったのかはわからなかった。
 神社へ参拝する前に城の遺構とされる尾根上を歩いた。現在の参道を逸れて尾根上を歩いているのは自分だけだった。立派な堀切がいくつもあるのは確かだった。旧参道に堀切を入れるなんて考えづらいからやっぱり城跡なのかと思った。
 ここから奥ノ院の方角を眺めると気分爽快になれた。遮るものが何もないって素晴らしい。三峰神社の本殿もきらびやかで美しかった。帰りのバスまで時間があるのでホテル内の温泉に立ち寄った。子どもの頃と同じで熱いお湯だ。時間を忘れてのんびりできる場所を見つけた感じだった。
 すっかり気に入ってしまい、年に一度は三峰神社へ訪れるようになった。夏でも涼しいし、高山に住むチョウがたくさん舞っている。昔乗ったロープウェーは採算が見合わず廃線となってしまったが、その跡地が残っていた。夏草が生い茂る中、誰もいない場所でごろりと横になった。何度か訪れているうちに少し飽きてしまったようで、それからは全然訪れていない。
2012/06/27
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「三峰神社」行きで終点下車
城跡までは徒歩5分程度
特記事項