吉田ノ楯
 
 
二の郭の土塁
所在地 埼玉県秩父市吉田久長
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 久長但馬守が龍ヶ谷城を築く
永禄12年(1569) 阿佐美伊勢守、武田軍の秩父侵攻を吉田ノ楯へ通報した功で北条氏邦から感状を授かる
天正18年(1590) 北条氏滅亡。久長但馬守は上杉景勝に降ったという
 
参考 秩父・中世吉田町の城/吉田町教育委員会・秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
別荘地の給水タンク付近から尾根への道がある
案内標識などはないためわかりづらい
傾斜はそれほどきつい印象はないが岩が多い道だった
車の場合は北側の道路から入ればすぐ城域となる
郭は確かに削平も雑な感じが見受けられるが
土塁や堀切は意外としっかり構築されている
 
龍ヶ谷城跡 虎口 堀切
堀切 土塁 堀切
 
 武田軍の侵攻は秩父の土豪たちにとっては震撼するような事態だったと思う。北条氏に従った土豪たちは最前線に配置されていたわけで、常に武田や上杉の脅威に晒されていたわけだから、胃が痛くなるような毎日を過ごしていたのだろうと思う。
 この城は武田軍の侵攻を知った土豪阿左美氏が伝えた情報をキャッチした吉田ノ楯に比定されている。他に吉田地区でそれに相応しいような城は見当たらないから龍ヶ谷城と考えていいと思う。龍ヶ谷城はよく「未完成の城」とか「途中放棄された城」と言われるが、確かに郭の削平は甘くて粗雑な感じは否めない。ただ、久長氏という土地の名前を冠した土豪の城としては十分な備えがされていると個人的には思う。
 この日はとにかく寒かった。戦友2人と自分を合わせた3人で寺山砦からこの城へと転戦したが、とにかく寒い一日だったことを覚えている。それでも龍ヶ谷城に登った頃は陽射しもあり、少しは寒さも和らいだ時間だったようで、写真を見ても柔らかな光が差している。
2008/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「吉田元気村」行で「白砂公園」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩10分程度
特記事項