物見平
 
 
堀切
所在地 埼玉県秩父市吉田久長
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏に仕えた土豪の砦と思われる
 
参考 中世吉田町の城/吉田町教育委員会
 
 
天徳寺という寺の西側から沢沿いに歩く
斜面を登ると広大な平場があるが城の遺構かは不明
尾根は最初は緩やかで次第に急角度になっていく
堀切はなかなか見事でしっかりと堀り切られている
主郭はそれほど広くはないし土塁もない
南に降りれば腰郭があり見晴らしが利く
 
寺山砦跡 西麓の平場 尾根上の平場
堀切 主郭跡 腰郭
 
 戦友2人と冬の秩父の城館跡を訪ねた。この日は全部で7ヶ所の城跡を訪れているが、最初に攻め上ったのが寺山砦だった。吉田町の龍勢会館で待ち合わせをしたと思う。コンビニで肉まんと缶コーヒーを購入して店の前で待っていたとき、寒暖計の温度はマイナスだった。温かい肉まんをしばらく食べることなくカイロ代わりにしていたことを覚えている。
 寺山砦はきれいな三角錐をした山だった。遠目に見てもピラミッドのような山容がとてもよく目立つ。沢沿いの道を歩き、そこからどう斜面に取りついたのかはよく覚えていないが、それほどきつい斜面ではなかったと思う。とても広い平場があって、これは城の遺構なのか判別しかねた。戦友たちも寺院に関連するものか、非常時の逃げ込み場所かなどと話していた。
 尾根を登ると堀切がある。記憶があやふやだが2つか3つはあったと思う。真冬の秩父だから藪はそれほどでもなかったので遺構はしっかりと確認して歩くことができた。主郭あたりでさすがに息が上がったが、その向こう側へ下りると小さいながらも平坦がきれいな腰郭があった。ここで確かおにぎりを食べたような、食べなかったような。雑木が多いからクリアではないけど見晴らしは利く場所だった。役割としては吉田の龍ヶ谷城の死角を補うために築かれた砦というところが妥当か。
2008/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「吉田元気村」行きで「白砂公園」下車
登山道入口の天徳寺までは徒歩20分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項