比丘尼城遠景
所在地 埼玉県秩父市吉田石間
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 中世吉田町の城/吉田町教育委員会
 
 秩父の城館探訪の途中、戦友が尖がった山を指差して「あれが比丘尼城です」と教えてくれた。太陽も傾きかけて山城へ登るには遅い時間だった。ただ、時間がどうこうよりも山容を見てとても登れないと思った。山頂付近に人を寄せつけないような岩肌が露出している。おそらく技巧を凝らしたような遺構はないはずだ。
 このとき一緒にいた戦友のひとりは後日この凶悪な山城を踏破している。自分が知っている人で比丘尼城を制圧した者が3人もいるから、登って登れないこともないのだろうが、一歩間違えたら死んでしまうので自分は行けずにいるし、この先も行こうという気にすらならないだろう。
 歴史も曖昧だ。平将門が隠れ住んだとか、その婦人や女官たちが逃げ込んだという伝承が残る。城峯山にある石間城にいた尼僧がここで見張りを務めたという話もあり、それが比丘尼城の名前の由来なのだろう。石間城が落ちたときに比丘尼城へ逃れようとした落人たちが崖から落ちて死んだという悲しい話も伝わる。落城悲話に水を差すつもりはさらさらないが、この城は戦乱の世、乱取りを避けるために村人たちが逃げ込む場所として築かれたのだろう。
2008/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
西武バス「吉田元気村」行で「万年橋」下車
登山道入口までは徒歩20分程度
特記事項