堀切
所在地 埼玉県秩父市吉田石間
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代 平将門の弟御厨三郎将頼が築いたという伝承あり
戦国時代 北条氏に仕えた土豪により物見の城が置かれた
 
参考 城峯神社案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城峯神社から城峯山へ続く登山道の途中に分岐がある
天狗の物見岩への道標に従い尾根を登る
すぐに堀切があるが尾根は細く危険だった
物見岩へは恐る恐る登ったが眺望は素晴らしい
途中にも堀切と竪堀があるのを確認できる
この先にも堀切と郭があり城域が終わる
将門の隠れ岩は垂直に近い岩肌を2本の鎖で登る
かなり危険なので無理して登ることはないと思う
 
石間城跡 尾根上 堀切
天狗の物見岩 竪堀 将門隠れ岩への道
城峯神社 神社境内の土塁 城跡からの眺望
 
 城峯山は昔からその名前が気になっていた。城のある峰だから山城があったと思うのが当然だ。日本城郭大系や山川出版社の歴史散歩シリーズなんかを読み漁ったけど、結局のところは平将門伝説をさらっと載せておしまいというのばかりだった。遺構は何もない伝承の城なんだと思いつつ20年以上の歳月が流れ、この城のことはすっかり忘れていた。
 ところが自分の戦友が皆野町史を手掛かりに石間城が存在することを確認した。いてもたってもいられなくなり城峯山へと向かう。車がないからバスと己の脚しか武器はない。最初は舐めてかかって秩父鉄道の野上駅からひと山越えて向かった。途中、浦山城を訪れ、金沢城は一度訪れているから素通りして城峯山へと向かったが、これがまた遠いのなんので、疲労困憊と失意のうちに奈良尾峠から下山した。
 二度目は町営バスで西門平まで乗り、そこから城峯山登山コースを行く。鉄塔のところまで来て食事をする。満腹になりなんとなくやる気が失せてきてしまう。地図を見るとまだまだ半分ちょっとしか来ていないように思えてあきらめた。実際のところは鐘掛城のちょっと手前まで来ていたのに。
 こうなったら三度目の正直だ。登山アプリのGPS機能をフル活用して登った。ルートは前回と同じ西門平からの道だった。現在地が把握できると気持ちがとても楽だ。鐘掛城で一服ついて城峯山へと向かう。遠く見えるが案外近かった。城峯山から見下ろす風景は最高だった。なにしろ四方が遮るものがなく景色が広がっている。こんなに爽快な気持ちになれたのはいつ以来だろうか。
 城峯山頂でのんびりして石間城へと向かう。城峯神社に立ち寄り安全を祈願し登りはじめる。細い尾根と岩場がある。落ちたら大怪我するか死ぬ可能性もあるような尾根だった。堀切を越えて一休みしたときに足が震えていた。なんとか天狗の物見岩にへばりつき安堵する。いくつかの堀切と郭があるだけだが、確かに城跡は残っている。安全確保が精いっぱいで城のかたちをメモしようという気にすらならなかった。
 将門の隠れ岩は暗にやめたほうがいいですよ的な案内板の向こうに道が続く。落ち葉で滑る道を歩くと岩場が聳えており、鎖がたれ下がっていた。途中までは登ったけど、けっこう上のほうまで鎖がある。それを見て即座にやめようと思った。ちょっぴり中途半端な城跡探訪になったかなとは思うけれど、山道を歩くのは気分が良かったし、何よりもあの雄大な風景!
2017/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「西立沢」行で「西門平」下車
城跡までは徒歩2時間程度
特記事項