堀切
所在地 埼玉県秩父市久那
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 北武蔵城郭フォーラム
 
 
久昌寺砦跡 堀切 堀切と主郭跡
堀切 札所25番 久昌寺  
 
 春先、秩父でも桜も咲き始めた頃に未訪問だった城を巡ることにした。平成になってから発見された贄川城と久昌寺砦の2つを見るために秩父鉄道を利用して旧荒川村を訪れてみた。
 浦山口駅から久那橋を越えて真っ直ぐ歩くと久那小学校。この東側が嫩桑館跡だが、この日は素通りして丁字路を西へ折れて久昌寺へ向かう。札所なので標識には困らない。砦跡は久昌寺の南にある丘だ。どこから登ろうかと思案しながら弁天池に映る久昌寺を眺めつつ歩く。とてもきれいなお寺だなどと思っていたら曲がり角の反対側に緩やかな丘へ登る坂がある。ここからは拍子抜けするほど楽に到着してしまった。
 城と呼ぶには規模も小さくだらだらした印象であり、やっぱり砦といった粗雑な造りだが、堀切もいくつかあるので、当時はここに砦を構築する理由があったのだろう。物見の砦としては低い丘だし、俗に言う村の城というやつだろうか。
 村の城とは戦場となった土地の農民たちが略奪、放火、人取りを避けるために戦いが終わるまで身を潜めた場所らしい。確かに城を築くには街道から外れた山奥にありすぎて眺望も利かないだろうなぁという城がある。そういうのは村人たちが自衛や避難のために築いた城だそうだ。黒沢明監督の七人の侍を思い浮かべると何となくイメージが湧く。ある程度大きな城を持つ武将の領地だったら農民はその居城へ逃げ込んで守ってもらうわけだが、秩父あたりの土豪クラスだとそうもいかないからこうした城がいくつか築かれたのだろう。もっともこの時代の土豪は半分農民みたいなものだから、久昌寺砦程度の規模の砦はたくさんある。実際、飯能市から秩父にかけては歴史不詳の小さな砦がいくつもある。
2014/04/01
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「浦山口」下車
城跡までは徒歩30分程度