日野城・馬立城
 
 
南尾根の堀切と土橋
所在地 埼玉県秩父市荒川日野
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
文明12年(1480) 長尾景春、塩沢城から逃れ熊倉城へ入る
同年6月、太田道灌が熊倉城を攻撃。景春は逃亡し古河公方のもとへ身を寄せる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・熊倉城跡案内板
 
 
白久駅または武州日野駅から舗装された林道で探訪可能
車なら城跡入口の手前まで行くことができる
そこそこ手入れが行き届いているのと
標高が高く杉の樹林のため藪がそれほどない
城域に入る手前の連続する堀切と土橋が見事だ
郭は広いだけで土塁はかなり低くなっている
郭は区切る堀切はよく残されている
三の郭はやや手狭だが郭を取り巻く横堀が残る
うっすらとだが虎口と土橋が残っていた
案内板も設置されており車なら見学が容易だ
 
熊倉城跡 城跡入口 堀切と土橋
堀切と土橋 二の郭と主郭間の堀切 主郭跡
主郭跡の土塁 主郭北側の竪堀 三の郭跡の横堀
 
 名前の通りというべきか実際に熊出没注意の看板があった。熊倉山はここよりずっと奥にあり、なぜこの城が熊倉城というのかはわからない。相当な山奥で白久駅からの道は緩やかだが延々と続く。実はこの前年の暮れに一度訪れている。その時は熊の恐怖だけに支配され、あと少しのところで緊張の連続に耐えられなくなり下山した。地図で見たらもう少しのところまで来ていただけに憤懣やるかたなしだった。
 年明け、もう熊も冬籠りしているだろうとリベンジ。一度訪れているだけに心の余裕があった。てっぺんまで着いて城跡の入口に来たら熊出没注意の看板があってゲンナリもしたが、ここまで来てしまえば行くしかない。
 図面を見たらなんとものっぺりとした城という印象があったが、実際に歩いてみるとやっぱりのっぺりしていた。やたらと広々とした郭、風化が進んだ土塁と堀切を見て、まあこんなものだろうと思った。端的に言うとシャープさに欠けメリハリがない城だと思った。ただ、逃亡者の長尾景春が逃げ込んだ急場しのぎの城だから仕方ない。むしろ、景春が慌てふためいてやっつけ仕事で造った様子が浮かんでくる城だ。もう一度訪れてもいいかな、なんて思わせてくれる城だった。
2011/01/02
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「白久」下車
城跡までは徒歩90分程度
特記事項