堀ノ内城・瑞岩寺城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県秩父市黒谷
遺構
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 鉢形城主長尾氏家老の長尾四郎左衛門昭国が居城とする
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
瑞岩寺の裏山が城跡で境内から道がある
岩ツツジの名所で時期になると賑わうらしい
登山は麓から10分ちょっとで着くが
急な斜面や岩場もあるのでちょっと注意がいる
郭の配置は秩父路の古城址に従ったが
実際に主要部はゴルフ場建設で消滅したという
ただ、そちらは堀ノ内城という別城ともされている
長尾城が無傷とするならば何とも工夫のない城である
堀切もないし尾根上の平たい場所を郭に見立てただけだ
実際には瑞岩寺を中心とする館城で
山頂には物見の者を置いただけなのではないか
 
長尾城跡 登山道 虎口
尾根上の跡 物見台 城跡からの眺望
 
 和銅採掘で有名な黒谷の町に岩ツツジの名所として知られる瑞岩寺がある。お寺の案内板に城主たる長尾昭国のことが記されているが、どのような人が僕は知らない。長尾一族にしてはその諱である「景」を用いていない。ただ、この城を居城としていたことは確かなようだ。
 長尾城は秩父の山々でゲリラ戦を展開した長尾景春が生け捕られたという伝承が残り、景春のものと伝わる墓もある。景春の子烏坊丸の居城という言い伝えもあり長尾色の濃い城だ。遺構はさっぱりだし歴史も曖昧な城だけど周囲の眺望は見事で奥武蔵の山々を手に取るように眺めることができた。
2006/01/28
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「大野原」下車
瑞岩寺までは徒歩30分程度