大野原城・蓼沼城
 
 
主郭跡の土塁と堀
所在地 埼玉県秩父市大野原
遺構 郭・土塁・水堀
現状 諏訪神社
目標物 標柱
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
戦国時代 北条氏に仕えた諏訪民部が居城した
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
 
 
諏訪城入口の道標があるが城跡近くにはない
道は細い上に迷いやすい
諏訪神社境内が主郭だが案内板等はなかった
三の郭はほとんど消滅しているし
二の郭もあまり明確には残っていない
空堀と土塁がそれとなくわかる程度だった
主郭の先端は先細りとなり荒川に突き出す断崖となる
だからあまり先端までは行かないほうがいい
 
諏訪城跡 三の郭の堀跡 三の郭の土塁
二の郭跡 主郭跡 主郭先端の断崖
 
 和銅黒谷駅から目と鼻の先にあるが、川に阻まれているため迂回しないといけないし、秩父鉄道の遮断機のない踏切を渡ったりと、駅から近いようでかなり遠い城だ。道は細いし曲がりくねっているしで何度か来ているが迷わずに着いたことがない。
 全体的に見て遺構の状態は良くなかった。天然の要害に頼った城だから仕方ないか。堀は水田になり土塁は一部を残して農地にするとき切り拓かれてしまったらしい。主郭は諏訪神社があるが石碑も案内板もなく寂れている。先端が荒川と横瀬川の合流地点となっていて落ちたら死んでしまう高さだ。確かロープで立ち入れないようになっていたと思うが、いともたやすく入れてしまう。崩落してもおかしくない場所だから近寄らないように、と言いたいところだが、いつ訪れても必ず恐る恐る先端まで行く。
 そこそこ知られている城だけど遺構だけ見るとはっきり言えばパッとしない印象だ。諏訪城の迫力がいちばん感じられる撮影スポットは荒川と横瀬川の合流点にそびえる雄姿が見られる和銅大橋だ。この橋もまた大型車が通るたびに揺れるので怖いのだ。
2005/03/20・2006/01/28・2008/02/17・2011/06/10
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「和銅黒谷」下車
城跡までは徒歩30分程度