虎口の土塁
所在地 埼玉県秩父市寺尾
遺構 郭・土塁・水堀
現状 永福寺
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
鎌倉時代 永田林四郎が築城。以降、が歴代城主と伝わる
戦国時代 北条氏家臣の諏訪七右衛門、寺尾彦三郎、井上三河守が城代を務める
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
堀跡 土塁 主郭跡
永福寺本堂 山門の童子仁王  
 
 小ぢんまりとしているが好きな城だ。冬と夏の2回訪れているがいずれも曇天だった。おかげで太陽光の反射を気にすることなく写真撮影ができた。郭ひとつで遺構も南側の堀と土塁が立派だなと思う程度だったけど、なんともほのぼのとした気分に浸った。
 城跡と同じで素朴な感じがする永福寺。竜子堂の呼び名で親しまれている。札所22番のお寺だから巡礼者もいた。地元に溶け込んだ雰囲気がとても好きになった。山門の仁王さんも小学校の学芸会のハリボテといっては失礼だけど、まったく威厳がない可愛らしい仁王さんだった。すべてが可愛らしさで満ちている、そんな城だった。
2005/03/13・2011/06/10
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「秩父」下車
城跡までは徒歩30分程度