滋野城・長者屋敷山城
 
 
堀切
所在地 埼玉県秩父市下影森
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏家臣の滋野刑部が居城
天正18年(1590) 北条氏滅亡時、滋野刑部は離反し戦後は帰農したという
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・地図で歩く秩父路/さきたま出版会
 
 
影森駅の東にある昭和電工敷地内から道がある
守衛に声をかけると快く応対してくれるのが嬉しい
工場の休日や操業時間外は入れるかわからない
長い階段を登り琴平神社を経て山道へ入る
途中、切り立つ断崖を鉄骨の階段で登る
岩井堂までたどり着けば城跡へはもうすぐだ
道は明瞭なので迷うこともないが熊鈴はつけよう
遺構は意外なほど良く残っていた
堀切の規模もなかなか見事なものだった
郭の削平もしっかりされており楽しめた
小さい城だが道中の岩井堂も含めて存分に楽しめる
 
坂虎口 主郭跡 主郭跡の土塁
二の郭跡 二の郭跡の切岸 堀切
帯郭 登山道 札所26番 岩井堂
 
 ずいぶん昔のこと、中世城郭事典という本を買ったときに見たことのない名前の城が掲載されていた。長者屋敷山城という風変わりな名前だ。日本城郭大系の巻末一覧には滋野館として簡単に紹介されていた。ちょっと山深い場所にあるので行くのを後回しにしていた。
 それから長い時が過ぎた。その間、秩父の山城はたくさん登ったので思い切って長者屋敷山に行くことにした。昭和電工の工場に岩井堂への入口があるのでちょっとためらうかもしれないが、参道だから堂々と行けばいい。守衛さんもとても親切に道を教えてくれた。ここからの道程はとても楽しい時間となった。
 琴平神社までの石段の長さに面食らうが、そこから先はハイキングコースだから歩きやすい。途中で道は岸壁にぶつかり鉄骨組みの階段を登ることになるが、軍艦に乗り込むみたいでとても楽しかった。岩井堂は極彩色に彩られた美しい寺だ。京都の清水寺と同じ懸造という技法で岩を背にして迫り出すように造られている。お堂の裏から登り続けると根岸城跡へ着くが、岩井堂からはそれほど遠くなかったと思う。
 小さな城だけど遺構がとってもよく残っている城だ。なんでここがほとんど無名のまま紹介されていないのだろう。城跡廻りのホームページを始めた頃はまだこの城を紹介している人はあまりいなかった。僕が紹介したときも根岸城を紹介している人は少なかったと思う。場所もわかりづらいし当時の情報量を考えたら仕方がないだろうな。
 堀切ごしに見る秩父の景色がとても見事だったことを覚えている。たしかここで食事をしたはずだ。あまり覚えていないけど、この景色を見ながら達成感に満たされる中で食事をしたのだから旨かったのだろうと思う。城跡以外にも山岳宗教の遺構あり、ちょっとした冒険気分ありで気持ちに満たされる城跡廻りになったことは今もよく覚えている。
2006/01/28
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「影森」下車
登山道入口の昭和電工までは徒歩10分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項