金仙寺館・上ノ屋敷
 
 
土塁
所在地 埼玉県秩父市下影森
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
南北朝時代 橋久保大膳が館を築く
延文2年(1357) 金仙寺が現在地に開基
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
下原城跡 土塁と空堀 土塁
土塁の石積み 虎口と土橋  
 
 真冬に訪れたときはコンパクトデジカメだったから今一つ写りが気に食わなかった。遺構はとてもよく残っているけどフラッシュを使用しないとブレてしまう。かといってフラッシュを使うとあまりいい写真にならないから困る。だから少し画像処理を施してあります。
 二度目は秋だった。さすがに涼しくなったので歩きやすかろうと思っていたが木立の中は藪蚊でいっぱい。とても落ち着いて遺構を見るという気分にはなれない有り様だった。薄暗い雰囲気は以前とまったく変わらない。秋の盛りだったがこの藪蚊には閉口した。あと、南方系の蝶で活動範囲を広げているクロコノマチョウがいた。薄暗い雑木林の中だと保護色になってなかなか見つけづらい。遺構の話を少しすると、土塁には河原石が埋め込まれているのが面白かった。投石に使用するにはちょっと大きすぎる。砲丸投げの選手じゃあるまいし、やはり補強のための手段だろう。
2006/01/28・2010/11/02
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
金仙寺までは徒歩20分程度