館跡の現況
所在地 埼玉県秩父市山田
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 加治新五郎が館を構える
 
参考 地図で歩く秩父路/さきたま出版会
 
 丹党加治氏は埼玉県飯能市で勢力を誇った一族で今も西武池袋線の元加治駅にその名を残し、飯能市内には加治氏の館跡という場所がいくつかある。加治新五郎という人は戦国時代に秩父に移り住み館を構えたらしい。荒廃していた光明寺を再興するなどの事跡も伝わる人だ。
 北条氏邦に仕えたというが、新五郎は天文9年(1540)に没しているから時代が合わない。どういう経緯かはわからないが、飯能から秩父へ行かねばならない理由があり、新五郎の息子が北条氏邦に仕えて鉢形城へ出仕したのだろう。館跡の高台に登ってみたが何もない。ただ、領主の居館を思わせる雰囲気は十分だった。
2007/11/11
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「皆野」行きで「山田」下車
館跡までは徒歩15分程度