龍ヶ谷城・要害城
 
 
東尾根の堀切
所在地 埼玉県秩父郡皆野町三沢
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
戦国時代 山内上杉氏の重臣藤田重利が千馬山城を築く
天文15年(1546) 河越城の戦いで北条氏康が山内・扇谷上杉氏を破る
藤田重利は北条氏邦を養子に迎え自身は用土新左衛門康邦と改名
永禄12年(1569) 秩父に侵攻した武田軍が千馬山城を攻撃するが北条軍が撃退に成功
天正18年(1590) 前田利家・上杉景勝ら豊臣別働隊が千馬山城を攻撃。城将三上外記は降伏し廃城となる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
 
 
強石の集落入口に案内板がある
登山道は民家の庭先を通るためわかりづらかった
南尾根を登ると堀切や土橋、石積みが見られる
二の郭の横堀と東尾根を断ち切る二重堀切が見どころ
主郭周辺にも横堀があり背後に堀切がある
三の郭から東の郭にかけては段々に郭が連なるが
訪問時は伐採された竹が積まれており歩けなかった
写真は割愛したが西の物見郭の堀切と土橋も良かった
まとまりも良く随所に見るべきものが多い山城で
秩父郡内では随一と呼べるのではないか
 
千馬山城跡 麓の郭跡 南尾根の石積み
南尾根の堀切 南尾根の土橋 二の郭跡の竪堀
二の郭跡の横堀 主郭跡 東郭跡
東尾根の堀切 二重堀切 城跡からの眺望
 
 千馬山城はとても好きな山城のひとつで過去3度ほど登った。そのうちの一度は行った日を覚えていない。いずれも3月だったけど落ち葉がたくさん積もっていたので帰りは足を取られることが何度もあった。最後に訪れた日は東郭を見るために下りたはいいが、伐採して積み上げられた竹に邪魔されて身動きが取れないところに春雷が轟いた。隠れる場所のない山の斜面で激しい雷鳴だから生きた心地がしなかった。
 竹の上を飛び跳ねるにして歩きながら斜面を這い登った後、今度は荒れた山道を全速力で下山した。麓についた頃は心臓が飛び出すほどの鼓動で地面にへたり込んだのだが、その頃には雷も過ぎ去っていた。
 それ以来、ずいぶんと長いこと訪れていないが近くはよく通る。千馬山城の稜線がよく見える場所にガストがあって、秩父の城を攻めたときにみんなでよく立ち寄る場所なので、何度も訪れている感覚がある。
 ここはとても素晴らしい城跡だと思う。秩父の城跡の中でも規模と遺構の状態を考えるとトップクラスじゃないかな。というよりもトップでしょう。本当だったらもっと良い扱いを受けてもいいのにと思う。県や市の史跡にも指定されていない。県選定重要遺跡などという中途半端な肩書しか与えられていない。国指定史跡の山城がずいぶんと増えたが、千馬山城より見劣りする城が多いのも事実。特に整備する必要もないけど、もう少し脚光を浴びられるように働きかけてほしいと思う。
2005/03/20・2010/03/15
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「親鼻」下車
西武バス「西武秩父」行きで「強石橋」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩25分程度
特記事項