館跡の五輪塔
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金崎
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 金崎十郎左衛門信昌が館を構える
  他説に平安時代の河井四郎光儀居館跡とも伝える
 
参考 地図で歩く秩父路/さきたま出版会・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
 歴史はよくわからない。平安時代に伊予から流れてきた河井四郎の館跡説、鎌倉時代にこれも伊予の住人だった金崎十郎左衛門の館説がある。いずれも伊予からやってきたことが共通項で、ひょっとしたら同一人物か、河井氏の末裔が金崎氏を名乗ったものかもしれない。
 日本城郭大系の巻末一覧に金崎殿館のことが書かれていたから、皆野町の城館探訪ついでに立ち寄った。位置はなんとなくわかっていたが何もないと思い込んでいた。現地に行くと金崎殿の五輪塔という道標がある。それに従い歩くとその五輪塔があった。梅の香りが良い一日だった。
2005/03/20
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「上長瀞」下車
館跡までは徒歩15分程度