尾根上の堀切
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金崎
遺構 郭・石積・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 地図で歩く秩父路/さきたま出版会・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
金崎神社の背後にある標高265mの山城
山頂付近までが砦の範囲なのかは不明
東側に登山道入口があり小さな石碑が目印になる
これといって明確な遺構があるわけでもないが
木々がなければ秩父盆地を遥か彼方まで見渡せる
 
根岸山砦跡 登山道入口 石積み
虎口状の地形 東端の郭跡 山頂の郭跡
 
 金崎殿館跡の背後にある山が根岸山砦とされる。遺構はなさそうだったので前回は遠景を撮影したのみだったが、13年ぶりに近くまで来たので登ることにした。南側からはっきりとした登山道があり20分程度で小さな神社のある郭跡へ出た。登り始めてしばらくすると立派な石積みを伴う段郭のような地形がある。あまりにも石の積み方が立派すぎるのでこれは遺構ではなさそうだ。北側を向いているので畑というわけでもなさそうだが、どうも城郭遺構とは考えづらいような場所だった。神社近くまで来ると虎ヶ岡城や千馬山城に見られるような石積みがあった。神社の参道に伴うものだとは思うが積み方や高さからするとこちらは遺構の可能性がなくもない。
 神社のある平場からさらに尾根を登ってみると堀切があった。竪堀のような地形も見られるが、これらが遺構かはわからない。とにかくてっぺんまで登り切るとだだっ広い平坦地が広がっていた。砦の規模にしては広すぎるが綺麗に削平されている。樹木に遮られてはいるが、ここからは秩父盆地がとてもよく見渡せる。狼煙の中継地点としてはちょうど良い場所だとは思う。
2005/03/20・2018/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「上長瀞」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項