金室館
 
 
大淵館跡
所在地 埼玉県秩父郡皆野町大淵
遺構 石積み
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 秩父行高の次男高重が大淵平二郎と名乗り館を築く
戦国時代 刀鍛冶職人として北条氏に仕えた金室氏が居住する
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 平姓児玉党の大淵氏の居館は皆野町から日野沢へ向かう入口付近にあった。何度か通り過ぎているがここが館跡とは気づかなかった。改めて残暑が残る季節に訪れてみた。たしか高松城の位置を確かめるために日野沢方面へ訪れた日だった。
 なるほど、庭先に石積みが見え隠れしている。ただ、納屋の向こうにあるからよく見えないし、完全に敷地内なんで近づくのも憚られた。この日の目的は高松城の下調べと阿左美氏館の石垣を見ることだったから、ここは遠目に眺めるぐらいでよしとした。
2012/09/24
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
館跡までは徒歩30分程度