館跡の遠景
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金沢
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正10年(1582) 武田氏の遺臣若林和泉守直盛、秩父に逃れて北条氏に仕えこの地に館を築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡。若林氏も帰農する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館を巡る小川 加増のエドヒガンザクラ  
 
 戦友と上州の城廻りに出かけた帰りに城峯山系の城館跡に立ち寄った。金沢の城山を調べたあと、石灰採掘で失われたとされる高松城に堀切が残されていることを確認し気持ちが高まった日だった。
 高松城へ向かう途中に若林氏の館跡があることを戦友が教えてくれた。遺構はあるのかどうだか微妙ということだが、実際に訪れてみたところはやはり戦友の言うとおりだった。ただ、地形的に要害地形を成していることはわかった。日本城郭大系の巻末一覧に紹介されている若林館の説明によれば水門があるらしい。珍しい遺構だと思うので探してみたけどもそれらしいものはなかった。この日は生憎の曇り空のためエドヒガンザクラは枝振りしかわからないような写真になっている。樹齢3百年という古木だが小学校の教科書に載っていたモチモチの木の挿絵のようだ。
2014/04/06
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「浦山」行きで「加増」下車
館跡までは徒歩5分程度