山口館
 
 
石積み
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金沢
遺構 土塁・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 鉢形城主北条氏邦の家臣設楽金太夫が館を築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡。設楽氏が去った後は山口氏が館に居住した
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石積み 尾根上の櫓台 館跡の平場
石積み 古い石積み 櫓台付近からの眺望
 
 設楽館の場所はけっこうわかりづらい。人で賑わう宝登山の北西にあたるが尾根伝いから行くのはかなりきつそうだ。西麓に西光寺があるので第一目標とすればわかりやすい。道路を挟んだ地点に林道入口があり踏み跡がしっかりと残っていて心強かった。もっとも同行者がいなかったら行けなかったかもしれない。
 近世のものだろうけども石垣はとても立派なものだった。櫓台も秩父路の古城址に掲載されている写真のまんまのかたちだった。一段下がった古い石積みが設楽氏時代のものであり、高く積まれた豪壮な石積みが山口氏時代のものという。現在の土地所有者がそう言うのだから信憑性はあるが、とりあえずは従来通り設楽氏館として扱っておいた。
2013/01/02
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「浦山」行きで「山形」下車
館跡までは徒歩15分程度
特記事項