主郭跡
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金沢
遺構 郭・土塁
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 秩父の山中へ逃げ込んだ長尾景春が居城とした伝承あり
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
林道を使えば舗装された状態の良い道で訪問できる
風早峠から尾根を北へ進み10分ほど
614mの三角点のあるピークのひとつ向こうとなる
遺構ははっきりしていない
郭の平面こそ出ているが斜面のエッジは立っていない
皆野町史では削り残しの土塁としているがさてさて
城として見るといまひとつだが眺望はとても良い
 
金沢城跡 主郭跡 北端の郭
二の郭跡 削り残しの土塁 城跡からの眺望
 
 戦友と上州の城を攻めた帰りに立ち寄った。曇天模様だが4月なので午後でも太陽は高くにあった。さすがにここまで登ると風が冷たい。探し当てるのに難儀するかと思われたが、地図に従い風早峠から尾根を北へ歩いたらすぐに見つかった。
 城として呼ぶには果たしてどうか。たしかに郭は平らに均されており土を削り残して風除けにしている工夫は見られる。ただ、ここに来るまでの尾根には堀切ひとつなかった。用途としては上州方面からの異変を鉢形城に伝えるための烽火台といったところか。
2014/04/06
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「浦山」行きで「更木」下車
城跡までは徒歩90分程度
特記事項