堀切
所在地 埼玉県秩父郡皆野町金沢
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代 石間城に立て籠もった平将門が浦山城に砦を築いた伝承あり
戦国時代 北条氏により鉢形城へ急を報せるための烽火台が置かれる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
皆野町営バス金沢線で終点まで乗れば少しは距離が稼げる
バスの本数が少ないため野上駅から歩いたが
ひと山越えて行かねばならないため遠かった
車があればまったく苦労なく訪問することが可能だ
カタクリを観察するための公園がありそこから城跡へ行ける
城跡そのものに案内板は設置されていないが
周辺の名所案内図に浦山城として表示されている
小さな城だが遺構は明瞭に残っている
土橋の架かる堀切2条と主郭、腰郭が2つ
小粒だが周辺の景色の美しさと相まって楽しめる城
 
浦山城跡 堀切 腰郭の虎口
主郭跡 堀切と土橋 城跡からの眺望
 
 城峯山系の城砦跡は自分の中でここ数年のテーマとなっている。車なら一日ですべて落とすこともできようが、武器は電車、路線バス、そして己の脚のみだ。秩父鉄道は本数が多くないし路線バスに至ってはさらに少ないから、城峯山系の城攻めは1日に2つ巡るぐらいが限界。
 この日は野上駅からバカみたいに山を越え、ダンプカーが行き来する道路を登った。採石場を過ぎれば秩父らしいのどかさを取り戻す。ほとんど人と出会うことのない静かな山歩きが楽しめる。
 浦山城は割合すぐに見つけることができた。道沿いから公園に入り、尾根へ分け入るとすぐだった。可愛らしい城だけど遺構は満点だな。必要最低限の土木作業で城を築きあげている感じが素敵だ。ここからの眺めは実に良かった。弁当でも持ってくりゃ良かったと後悔した。浦山城そのものは10分もあれば見終えてしまう。この日はここからさらに城峯山目指して歩いたが、途中、鐘掛城近くまで来たあたりで疲れてやめた。
2014/04/23
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「浦山口」行きで終点「浦山口」下車
城跡までは徒歩40分程度
特記事項