龍ヶ岡砦
 
 
堀切と土橋
所在地 埼玉県秩父郡皆野町下日野沢
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏邦の家臣逸見若狭守が築城
天正18年(1590) 鉢形城の落城により高松城も廃城となる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
城跡は採石場となっているが今も操業中かは不明
日曜日であれば誰もいないが遺構もない
北側の高松集落から城跡を俯瞰できる
また、麓から登るよりも集落から下りるほうが楽
採石場の手前に破壊を免れた郭と堀切がある
堀切に架かる土橋も明確に残る高松城唯一の遺構
 
高松城跡 失われた城山 高松集落にある標柱
残存する郭跡 堀切  
 
 採石のために全壊したと聞いていた高松城。日本城郭大系の発刊当時はちょうど破壊を前提とした発掘作業が行われた頃で、巻頭のカラー写真とモノクロ写真でその成果を掲載するという熱の入れようだ。中世山城の発掘調査としても嚆矢となった画期的な作業だったらしい。でも、それは自分が小学校低学年の頃だから高松城のことなんぞ知る由もなかった。
 高校生の頃に城跡への興味が芽生えて日本城郭大系を買った。池袋の芳林堂書店で埼玉の古城址と秩父路の古城址も買った。思い起こせば変わり者の高校生だと思う。普通の高校生はまず買わないよな。そこに掲載されていたのが高松城だが、既に存在していないことは理解できたし、取り立てて興味も湧かなかった。
 それからざっと四半世紀。自分自身が埼玉県へ移住したこともあり、飯能や秩父は気軽に出かけられる場所となった。当然、秩父の城跡も行く機会が増えたのだが、あるときに高松城の北側は手つかずで残っているのではないかと思うようになった。同じことを考えている人も何人かいて、一度行って確かめようということになったのだが、なかなか都合がつかず話は流れてそのままになっていた。
 数年が経ち自分の戦友の一人が残存遺構を発見した。やっぱり遺構はあったんだと嬉しくなった。いろいろな城郭関連の書籍を読んでも高松城は湮滅とされているから、ちょっとした大発見だ。こうなると落ち着かない。別の戦友とともに高松城へ行き、実際に遺構を確認した。立派な堀切に土橋がかかる見事なものだ。これが全部残っていたらと思ったが、それは言うまい。
 わずかに残った郭跡で腰を下ろして休んでいると、花の蜜につられてやってきたキムネクマバチが大きな羽音をたてて飛び回っている。こいつらは見た目は恐ろしげだが優しいやつだから気にしない。蜜の香りが自分たちがいるところまで香ってくる。この日は朝から曇天模様だったが、その頃には太陽が顔を見せ柔らかな日差しが降り注いでいた。
2012/09/24・2014/04/06
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「浦山」行きで「カーサ前」下車
城跡までは徒歩20分程度