雨乞城跡
所在地 埼玉県秩父郡皆野町上日野沢
遺構
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
雨乞城跡 平場とピーク 土橋
 
 日本城郭大系の巻末一覧に収録されているけど詳細は不明としている。中世北武蔵の城では時代背景を平安時代としているが、いずれも曖昧とした表現でお茶を濁している感じ。場所すらもわからないが鐘掛城の南に隣接となると場所は限られてくる。西門平のバス停、つまり城峯山の南側からの登山道を登ってくる途中にピークがあり広々とした平坦面が広がる。雨乞なんて名前は城というよりも祭祀的な意味合いが強いのではないか。そう考えるとこの場所が相応しいように思う。写真だと真ん中のやつです。
 城と考えるならば、さらに尾根を目指して登る途中に土橋があるので、やっぱり鐘掛城と一体と考えてよいのかなと思う。南に突き出した小さな支尾根は平らになっているし物見の兵を置くには適当な場所だ。
 あれこれ考えてみたものの、伝承のみに支えられている城だから、あれこれ考えるのもちょっと馬鹿馬鹿しくも思える。そもそも城峯山そのものを中心として、それぞれの支尾根に砦を置いたと考えたらわりとすっきりとした結論になるんじゃないかな。そんな風に考えてます。
2017/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「皆野」下車
皆野町営バス「西立沢」行きで「西門平」下車
城跡までは徒歩80分程度
特記事項