寺岡山城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県秩父郡東秩父村御堂
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定 東秩父村指定史跡
 
室町時代 上田氏が安戸城を築く
応永6年(1399) 上田友直、松山城を築き居城を移す
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城山保育園の西側を通る林道は廃れている
だがここから登るしかなかったので仕方なく使った
麓から10mぐらいは物凄い藪だった
登り始めてすぐのところに石組みの井戸がある
湧水には恵まれているようであちこちに水が湧いていた
尾根へ出てしまえば歩きやすかった
山頂手前でまた藪となるが可愛いものだった
主郭跡に城山権現の碑と城跡の標柱がある
主郭と腰郭はまあまあわかるが堀切はどこかわからない
竪堀も同様にほとんど風化してしまっているようだ
 
安戸城跡 麓の水の手跡 尾根道
城址標柱 主郭跡の城山権現碑 腰郭
 
 小川町の腰越城を訪れたとき主郭跡の山頂に周辺に見える山の名前が書かれた案内板があった。そこに安戸城も記されていたので下山後に立ち寄ることにした。腰越城からは30分程度だったと思う。
 地図に林道の表示があるので城山保育園の脇から藪をかき分けて登った。しかしながら林道は藪にかき消されてしまい、結局は直登する羽目に。考えてみれば誰もこんな道はもう登らないだろう。安戸城に用事のある人など年に数人、僕らみたいな城好きがいるぐらいだろうと思う。とにかくこの道が最短距離ではあるので、我慢して登ることにした。厄介なことに衣服にびっしりと付く種子を持つ植物が密生しており泣きたくなった。麓では保育園にお子さんを預けているお母さん方がこちらをチラチラと見ている。どう見たって不審者だよなぁ。ただ、そんじょそこいらの不審者と違うのは藪の中で悪戦苦闘しつつ山頂を目指していることぐらいか。
 やっとの思いで藪を抜けると比較的快適な尾根道が真っ直ぐ伸びている。針葉樹林を越えると再び藪となったけど麓のよりは楽だった。藪を抜け出すと安戸城跡の標柱が見えた。比高差も距離もそれほどではなかったと思うが大変だった。主郭も腰郭も草木が生い茂り堀切もさっぱりわからない。長居は無用とばかりにさっさと下山した。上から下まで種子だらけ。仮面ライダーの怪人にキノコモルグというのがいたけど、まさにあんな感じだ。自分の中では二度と行きたくない城のひとつとなっている。
2005/11/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
イーグルバス「白石車庫」行きで「寺岡」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項