浄蓮寺の石垣
所在地 埼玉県秩父郡東秩父村御堂
遺構 消滅
現状 浄蓮寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 中村時経の次男時季が大河原氏を名乗り館を構える
正和年間(1312〜17) 大河原光興が浄蓮寺を建立する
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
浄蓮寺 館跡の脇を流れる沢 上田朝直墓所
 
 東秩父村の浄蓮寺は丹党大河原氏の館跡というので安戸城に登ったついでに立ち寄った。遠景を撮影した山田屋敷を含めるとこの日で東秩父村に残る3つの城館跡を完全制覇したこととなった。
 浄蓮寺は落ち着いた雰囲気の寺だった。紅葉の時期だったので銀杏が美しかった。上田朝直の墓所があったので訪れてみたが、ちょっぴり陰気な感じのする場所だった。もっともお墓だから陰気で当たり前か。館跡の遺構は既に残っていないようだが何となくかたちはわかった。大河原氏に関するものは特になかったように思うがあまり覚えていない。
2005/11/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
イーグルバス「白石車庫」行きで「学校入口」下車
浄蓮寺までは徒歩5分程度