大梅寺
所在地 埼玉県比企郡小川町大塚
遺構 消滅
現状 大梅寺付近
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 小河次郎資能が居館を構える
治承8年(1184) 資能、源義経の軍勢に属して一ノ谷の戦いに従軍する
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 
英霊塔 八幡神社 穴八幡古墳
 
 平家物語にその名が見られる小河次郎資能の居館跡は小川町大塚にあったとされるが場所は特定されていない。小川氏の出自そのものも解き明かされていない。名前からすると比企氏に縁のある人物のように思えるがわからなかった。
 資能は源義経に従い一ノ谷の戦いに参戦しているが、目ぼしい活躍はしていない。ここで大将首でも挙げていれば館跡の詮索ももっと一生懸命してもらえたのにと少しばかり同情する。真面目に考えると大塚の台地はそれほど広いわけでもないから、中城が小河氏の館跡じゃないかとも思った。他に有力候補地としては大梅寺が挙げられるし、英霊塔の建つ丘や八幡神社あたりが候補地となるだろう。そのうちのどれかと考えて間違いなさそうだ。
 八幡神社と大梅寺の案内板に目を通したが、猿尾氏が守邦親王をこの地に迎えたということは記されていたけど、小河次郎に関することはどこにも記されていなかった。
 小川町は美しい町だ。山と清流と雑木林が残る素朴な町の雰囲気が好きだ。史跡も多いし、文化財の保護にも力が入っているのも好ましい。20代後半から30代半ばにかけてはよく出かけたもので、毎週末になると青山城や腰越城あたりを起点に史跡巡りをしていたことを思い出した。
2010/02/14
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線・JR八高線「小川町」
大梅寺までは徒歩20分程度