館跡とされる平場
所在地 埼玉県比企郡小川町靭負
遺構
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 児玉保義の五男行高が竹澤氏を名乗り館を構える
応安元年(1368) 竹澤左近将監、武州平一揆に加わり所領を没収される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 
雲龍寺 平場 館跡案内板
 
 児玉党竹澤氏の居館跡と推定される場所。他に適当な場所はないから竹澤氏の館跡はここで良いかと。東武竹沢駅から東へおよそ10分程歩くと山の斜面に雲龍寺が見えてきた。その背後に数段の平場があって館はここにあったらしい。墓地の入口に竹澤氏館の案内板があったけど剥離が激しくて一部分を除いてはとても読めなかった。あれから10年以上経過しているから、今は完全に判読不能だろうなと思う。
 その平場だけども武士の館跡にはちょっと見えない。古い寺院跡にこういった地形はよく見られる。雲龍寺の由来はよく知らないけど、宿坊なんかがあればこういった地形があってもおかしくないと思う。ただ、竹沢の町は先祖を敬う気持ちが強いようで、東武竹沢駅前の歴史案内にも竹澤氏のことが記されていた。こういう姿勢はとても嬉しく思う。
2005/05/06
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「東武竹沢」
館跡までは徒歩10分程度