武田信俊館
 
 
土塁
所在地 埼玉県比企郡小川町上横田
遺構 土塁
現状 輪禅寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
天正10年(1582) 武田氏滅亡。武田信玄の甥川窪新十郎信俊、徳川家康に仕える
天正19年(1591) 川窪信俊、賀美郡・比企郡で1610石の知行を与えられる
慶長13年(1608) 信俊、輪禅寺を建立し菩提寺とする
寛文4年(1664) 信俊の孫信貞、将軍徳川家光の命により武田姓に復す
元禄10年(1697) 武田氏、領地替えとなり武蔵の知行地は収公される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
輪禅寺 土塁 武田氏墓所
 
 阪神タイガースの守護神トリオとして名高いJFKが産声を上げた頃、僕は森林公園駅でレンタサイクルを借り、比企郡の城館を巡っていた。この日は奇しくも10月16日。昭和60年に猛虎打線が火を噴いて実に21年ぶりの優勝を成し遂げた日でもある。
 城館探訪については阪神とはまったく縁もない地ばかりだが、強いて言うなら比企郡滑川町が当時の守護神である久保田智之投手の故郷であることぐらいか。静かな曇り空の下、快調に自転車のペダルを漕ぐ。10月半ばだからまだ藪が生い茂り、蜘蛛の巣はもちろんスズメバチも飛び交う時期だ。さすがに輪禅寺についたときは蜘蛛も蜂もおらず、のんびりと武田氏の墓所を散策した。
 境内裏に土塁があるが、当時の遺構かどうかはわからない。そもそも武田氏の居館は上里町の金窪にあったと思う。それでも菩提寺を築いたぐらいだから江戸に近いこちらに居館としての比重を置いたのかもしれない。武田一族の墓碑が建ち並ぶ風景は壮観だ。長篠の戦いで散った父武田信実の墓もどこかにあるはずだが覚えていない。それと信俊自身は徳川家に仕えている間はずっと川窪姓だったので、ここでも川窪氏館として紹介した。
2004/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「上横田」下車
輪禅寺までは徒歩10分程度