東側の土塁と空堀
所在地 埼玉県比企郡小川町奈良梨
遺構 土塁・空堀
現状 八和田神社
目標物 案内板
史跡指定 小川町指定史跡
 
天正18年(1590) 徳川家康に仕えていた諏訪頼水が1万2千石の知行を与えられ奈良梨に陣屋を築く
文禄元年(1592) 諏訪頼水、上野国蒼海城へ転封となり奈良梨陣屋は廃される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・奈良梨陣屋案内板
 
 
東側の空堀 北側の土塁 北西隅の土塁
八和田神社 御神木の杉  
 
 名門諏訪氏の血を受け継ぐ諏訪頼水の陣屋跡とされる。最初は森林公園で自転車を借りて周辺の城館跡とともに巡った。二度目は奈良梨館の遺構を見たついでに立ち寄る機会を得た。思いのほか遺構がよく残る陣屋跡だ。徳川家康が関東へ入国したとき、家臣たちは旧領主だった北条氏やその被官たちの居住した館を再利用することが多かったらしい。諏訪氏の支配期間は2年程度だし当主の頼水自身も江戸の家康に近侍していることが多かったろうから、この陣屋ももともと構築されていた城館を拝借したのだろう。
 奈良梨は北条氏時代から伝馬が置かれた要地だったという。たしかに有力支城だった河越城、松山城、鉢形城を結ぶ位置にあるから、城館が築かれていたと考えて無理はない。諏訪頼水はここに訪れることがあったのだろうか。ほんのわずかな時間とはいえ、南東2キロ足らずの地には仇敵である武田信俊の館がある。言わばお隣さんとなったわけだ。知行割りをした家康の側近もそこまでは気づかなかったらしい。
2004/10/16・2011/11/06
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「奈良梨」下車
八和田神社までは徒歩5分程度