土塁
所在地 埼玉県比企郡小川町奈良梨
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏に仕えた鈴木重直が居館を築く
 
参考 関東地方の中世城館/東洋書林
 
 
奈良梨館跡 土塁 空堀
 
 そぼ降る雨の中、戦友とともに大里郡から比企郡にかけての城館を巡った。雨は小やみになったかと思えば激しく降り注ぎ、寄居町あたりでは濃い霧に覆われるという一日だった。
 奈良梨は古くから鎌倉街道の宿駅が置かれ、戦国時代には北条氏が伝馬宿を設置したほどの要所だった。今は静かな農村風景が広がるが、戦乱の頃には平時でも馬3頭、緊急時には馬10頭が置くことという掟書が残っている。奈良梨館は紀州熊野の出身である鈴木氏の館だったらしい。どういう理由かは知らないが、伊豆へやってきた鈴木重光が北条早雲に仕え、四代目の重直が松山衆の寄騎となり奈良梨に移住したという。今もこの土地にはその末裔が暮らしているから、奈良梨館は鈴木氏の居館と考えて間違いない。
 11月も初旬だから外の気温は低いとはいってもまだまだ蜘蛛の巣が多かった。民有地だからちょっぴり遠慮しつつも大胆に踏み込むと顔に蜘蛛の巣があたって仕方ない。それと藪蚊の攻撃による波状攻撃だ。戦艦大和に群がるグラマンやアベンジャーのようにしつこい。苦労しながらたどり着いた遺構は満足し得るものだった。土塁は高いし幅も広い。よくこんなものが無名のまま埋もれていたなと思った。堀はそれほどの規模じゃないけど、土塁と比較したらという意味で、これはこれで立派な遺構だ。「雨ニモ負ケズ」頑張った甲斐があったというものだ。
2011/11/06
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線・JR八高線「小川町」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「奈良梨」下車
館跡までは徒歩10分程度