猿尾城
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県比企郡小川町大塚
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 小川町指定史跡
 
鎌倉時代 猿尾太郎種直が居館を築くと伝わる
文永6年(1269) 仙覚律師が中城で万葉集注釈を完成させる
建武年間(1334〜36) 斎藤六郎右衛門尉重範が居城すると伝わる
文明6年(1474) 太田道灌状に「上田上野介在郷の地小河」の一文があり上田氏居城の可能性が高まる
 
参考 改訂歩いて廻る『比企の中世再発見』/嵐山史跡の博物館・埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 
小川町駅からは近いが道がわかりにくい
北にある陣屋沼を探し当てれば中城跡へはもうすぐ
台地上はテニスコートが造られたりして破壊もある
城跡そのものはかなり削られているようだが
残る遺構はびっくりするほど素晴らしい
土塁と横堀の規模には度肝を抜かれる思いだった
仙覚律師が完成させた『万葉集注釈』の案内板があり
ここに中城のことも簡単ながら触れられている
 
中城跡 半僧坊の土塁 西側の土塁と虎口
北西の土塁と空堀 北側の土塁と空堀 東側の虎口
 
 街中にあって驚くほどの遺構を残している城だった。日本城郭大系では中城は遺構なしとされていいた。市街地でもあることだし破壊されて何もない城だと思い込んでいた。小川町周辺の城跡巡りをすることがあり、時間があるから立ち寄ってみようかと軽い気持ちで訪れたところ、実にもう言葉にならないぐらい凄い遺構があってびっくりした思い出がある。
 ここへの道はとてもわかりづらかった。二度来て二度とも迷ったぐらいだから。最初のときは地元の人に尋ねたら親切に教えてくれたおかげで難なく辿り着いた。二度目は大梅寺のある丘を徘徊していた。別の台地上を捜し歩いていたのだからそりゃ着かないわけだ。諦めつつ丘を下ると陣屋沼があり中城と書かれた道標があって何とか着いた。
 二度目のときは雪が残っていたから余計に綺麗に見えた。土塁の上から見る横堀は粉砂糖を振りかけたようだ。そう言えばここを訪れた日はバレンタインデーだったな。歴史はよくわかっていないけど、古い時代はここらあたりを麻師宇郷と呼んでいた。だから猿尾氏の居館説もあながち見当違いとは思えない。最近の研究だと松山城主となった上田氏の居城だったと考えられるようになってきた。上田氏は比企郡の中でも抜きんでた実力者だったから中城の残る遺構の規模に似つかわしいと思う。とにかくここはぜひ訪れてみてほしい。素晴らしい城跡だから。
2004/10/16・2010/02/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
城跡までは徒歩15分程度