割谷城
 
 
三の郭跡の堀切
所在地 埼玉県比企郡小川町青山
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 小川町指定史跡
 
平安時代末期 青木氏宗、青山城を築く
室町時代 扇谷上杉氏の支配下に置かれる
戦国時代 北条氏家臣上田朝直が腰越城と青山城を支配下に置く
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
仙元山のハイキングコースをはじめいくつか道がある
西側から登ると城跡まで最短距離で行ける
ハイキングコースから来ると三の郭へ出る
岩盤を削った堀切がとても見事だった
主郭には低い土塁が廻っている
土塁のところどころにカステラのザラメみたいな石がある
主郭の土塁下部に緑泥片岩を積んだ石積みがあった
二の郭はやや粗雑な感じがする
岩盤があるために削平が困難だったのだろう
主郭と二の郭間の堀切から下ると腰郭がある
この腰郭、削平がとてもきれいだ
青山城から縦走して小倉城に至る道があるらしいので
そのうち歩いてみたいと思っている
 
青山城跡 三の郭跡の堀切 三の郭跡の堀切
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の石積み
二の郭跡の堀切と土橋 二の郭跡の土塁 腰郭
 
 城跡に興味を持ったのは中学生ぐらいの頃だったが、訪れるといっても名古屋城や大坂城のような近世城郭ばかりだった。城のイメージってやはり石垣と水堀に天守や櫓となってしまう。高校生の頃に日本城郭大系を買った。こんなにたくさんの城があるのかと思った。それから埼玉の古城址と秩父路の古城址という本を続けて買った。とても読みやすく概念図も掲載された親切な本だった。何よりも日本城郭大系みたいな大判ではないコンパクトなサイズだから持ち歩きやすい。これらの本との出会いが今の自分を作り上げたようなものだ。
 高校3年生の最後の春休みに埼玉の古城址を片手に松山城や菅谷城を訪ね歩いた。このあたりは平城や町に近い丘城だから楽だった。中世山城にはじめて訪れたのは青山城が最初だったと思う。当時はフイルム式の一眼レフカメラを持って出かけていた。あまり覚えていないが、堀切に下りるのに苦労したことだけは覚えている。土塁などはほとんど覚えていない。
 それから20年ほどの時が過ぎてデジタルカメラという便利な代物を片手に青山城へ訪れた。昔はなかった案内板があった。あまりにも時間が経ち過ぎて遺構のことはさっぱり忘れていたが岩盤を削った堀切だけはなんとなく覚えていた。三度目の訪問は手慣れたものでどこに何があるかほとんど頭の中に入っていた。目的は一眼デジタルカメラで写真を撮り直すことだった。それでも見落としていた遺構はたくさんあった。腰郭がこんなに美しかったのかと見惚れていたぐらいだ。この城は自分の城跡巡りの原点と言える城だ。ずいぶん長らく訪れていないけど、初心に戻りたいとき、僕はまた青山城へ訪れていると思う。
2008/02/08・2011/11/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
町営バス「明覚」行きで「愛宕公園下」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩30分程度