四津山城
 
 
主郭北の堀切
所在地 埼玉県比企郡小川町高見
遺構 郭・土塁・堀切
現状 四津山神社
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
治承4年(1180) 石井政綱、高見城を築く
長享2年(1488) 高見原合戦で古河公方の家臣増田重富が高見城を守るが山内上杉軍の攻撃を受け自刃する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
電車だとなかなか訪れにくい場所だ
四津山神社からの参道から登る
男坂と女坂があるが女坂が当時の城道に思える
遺構は明瞭に残っており随所に案内表示が設置されている
堀切と土塁の確認も比較的容易だった
主郭には案内板が設置され高見原合戦について記されている
神社敷地のため主郭は夏でも草刈りされて綺麗だったが
二の郭から三の郭にかけてもそれほど荒れていない
眺望はとてもよく遠くまで見渡すことができた
 
高見城跡 犬走り 主郭跡の土塁
主郭跡 二の郭北の土橋 堀切
二の郭跡の桝形虎口 三の郭跡の土塁 城跡からの眺望
 
 別名を四津山城というが、その異名のとおりで東側からの遠望は4つの盛り上がりがあるように見えた。ここは過去に2度訪れているが、いずれも草木の生い茂る季節だった。四津山神社敷地であるためとても綺麗に整備されていたのが印象的だった。あの清潔感は今もはっきりと記憶している。
 遺構もなかなか良かった。主郭から二の郭の間に方形の郭があるがどのような用途があったのかはわからない。それほど広くはない郭なので何かの貯蔵庫があったのかもしれない。二の郭の虎口は桝形となっていた。三の郭は低い土塁が取り巻いている。ここに猪が掘り返した跡があったから注意が必要だ。熊はほどほどに臆病だが猪はまさに猪突猛進で怖いもの知らずだから厄介だ。
 二度目の訪問は真夏だったけど夕方近い時間だったので風がとても心地よかった。夏なのに割合と空気が綺麗な日で、遠くのほうまで見渡すことができた。鉄道路線から離れていることからなかなか行けない城だが、ぜひ再訪してみたい城のリストには入っている。
2005/05/06・2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「男衾」下車
城跡までは徒歩60分程度