根古屋城
 
 
山腹の横堀
所在地 埼玉県比企郡小川町腰越
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
治承4年(1180) 山田伊勢守清義、腰越城を築く
天文年間(1532〜54) 上田氏に仕えた山田伊賀守直定が腰越城主を務める
永禄5年(1562) 山田伊賀守直定、赤浜原の戦いで討死。弟の山田直安が腰越城主となる
天正18年(1590) 北条氏滅亡。翌年に山田直安は徳川家康に召し抱えられる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・続埼玉の城址めぐり/幹書房
 
 
小川町駅から歩いてもそれほど遠くはない
道標や案内板が充実しているので便利だ
段々畑のように連なる腰郭と横堀が見どころだ
二の郭から主郭へ登る途中に虎口前郭がある
主郭からの眺望はとても美しく遮るものがない
昔と比べるとやたらと石碑やら案内板が建てられている
三の郭から先は採石で破壊されてしまった
面白いのは囮虎口で試しに入ってみたら行き止まりだった
その頭上から投石でもされたらひとたまりもない
いろいろな工夫が詰まった城で面白い
自分がどこにいるかわからなくなる迷路のような造りだ
熊注意の看板はないが腰越地区でも目撃例あり
 
腰越城跡 北尾根の二重堀切 竪堀
おとり虎口 西郭跡の堀切 石積み
二の郭跡 虎口前郭跡 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 城跡からの眺望
 
 中世山城廻りを始めた頃は週末になると小川町へ出かけていた。おかげで東武東上線の停車駅は暗記してしまったほどだ。高坂を越えたあたりから山が見えはじめ、森林公園を越えると雑木林が車窓に映る。嵐山町から小川町にかけては中世城郭の宝庫であり、行く度に新たな発見があって本当に楽しかった。
 それからたくさんの城跡を訪ね歩いたけど小川町は再訪しても満足できる城が多いのでちょくちょく通っている。青山城、高見城、中城、そしてこの腰越城と豪華なラインアップが続く様は、井口、柴原、小久保、松中、城島と続く全盛期の福岡ダイエーホークス打線のようだ。
 フイルム式カメラを使用していた時代から少なくとも4回は訪ねているが、飽きることのない山城だと思う。昔は荒れた山だったが、いつの間にか整備が進み、主郭跡などは殺風景なほど藪が刈り払われた。おかげで遠くから見ても城跡のシルエットがよくわかる。いろんな工夫が施された山城だという印象が強い。囮虎口なんてここでしか見たことがない。それらの遺構にはきちんと案内板が設置されているから誰が訪ねてもわかるようにされている点も高ポイントだ。
2005/11/12・2010/02/14
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線・JR八高線「小川町」下車
イーグルバス「白石車庫」行きで「木落し」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項