主郭と三の郭間の土橋
所在地 埼玉県比企郡小川町高谷
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
治承4年(1180) 金子十郎兵衛忠成が高谷砦に立て籠もったとの伝承あり
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
国道254号線小川バイパスの跨線橋から行ける
民家の庭先を通り城跡へ行く道があるらしいが
僕はその手前から谷戸を下りて直登した
そこからひたすら上を目指せば数分で腰郭へ着く
はじめて登ったときは藪に気を取られて方向感覚ゼロ
何がなんだかさっぱりわからなかったけど
二度目は図面片手にかたちを掴むことができた
埼玉の古城址所収の中田正光氏の図面が正確だと思う
方角が間違っているけど郭の配列は正しい
堀が明確に残っているので場所の見当がついた
三の郭はイラストでは端折ったけど土橋と空堀がある
こんなによく残っていたのかと改めて思った次第
 
高谷砦跡 南面の腰郭 二の郭跡東の空堀
二の郭跡の土塁 二の郭と主郭間の堀切 主郭跡の土塁
主郭跡西の空堀 主郭と三の郭間の土橋 三の郭跡の空堀
 
 比企郡の城館探訪のときに立ち寄った。10月半ばで藪は凄いし蜘蛛の巣だらけ。おまけにスズメバチは飛んでいる。そんな最悪の条件だったから高谷砦のことはほとんど覚えていない。遺構をじっくり見るというよりも、早くここから立ち去りたいという気持ちだったと思う。
 小川町の城跡はほとんどがお馴染みのかたちをした案内板が設置されているが、高谷砦は何もないし手入れもされていない。訪問した頃はまだまだ素人同然だったので土の起伏が読み取れない僕がいたわけで、とてもじゃないが遺構の確認などできなかった。
 さっぱり消化不良のまま13年。ずいぶん長いこと放置していたものだ。小川町あたりの城跡はほとんど廻り尽くしたから、わざわざ高谷砦だけのために行こうという気持ちになれなかったのだ。埼玉の城跡もひと通り廻って他県の城ばかりを攻めていたのだが、一度訪れた城も10年ぐらいの時を隔てて来てみると新鮮なことに気づいた。それで埼玉県の城跡を再び訪ね歩く気運が自分の中で芽生えた流れで高谷砦へ再訪した。
 前は最初の堀切でさっさと退散してしまったのだが、今回は気合十分で真っ向勝負。東から西へじっくり隈なく見てやろうと歩いた。思ったよりも遺構がよく残っている。というよりも自分の目が肥えてきたのだろうな。微妙な地形の起伏も読み取れる。一眼デジカメとGPSという武器もある。これらの武器が20年ぐらい前に備わっていたらどんなに素晴らしかったことだろう!
 主郭から下りてここで終わりかと思いきや土橋があるではないか。再度図面を見直すと三の郭が続いていたことを知った。危ないところだ。ここまで来て遺構を見落とすわけにはいかない。目を皿のようにして高谷砦の全貌を解析してやったつもりだ。帰りは小川町観光案内所に立ち寄って小川町の歴史を入手。次の出陣の楽しみが増えた。
2004/10/16・2017/02/08
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線「小川町」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「前高谷」下車
城跡までは徒歩15分程度