主郭跡
所在地 埼玉県比企郡小川町木呂子
遺構
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏に仕えた木呂子氏の砦と考えられる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
砦跡遠景 登山道入口 主郭跡
模擬柵 模擬櫓  
 
 埼玉県内の城郭を再訪しようと思い立ち、秩父を皮切りに寄居町や美里町の城館を再び訪ね歩いた。10年以上の歳月を経て訪れる城跡はほとんど初めて訪れたのと変わらない。いずれも新鮮な気持ちになれるし、覚えている遺構と出会うと古い馴染みの友達にあったような気になる。
 寄居町から小川町まで丘を越えて歩いたときに木呂子集落へ入った。前田利家や上杉景勝らの豊臣別働隊が松山城を包囲したときに立て籠もった武将の中に木呂子丹波守がいたことを思い出した。木呂子氏の故郷はここなんだとちょっとばかり感慨に浸った。たまには未見の城跡も見てみたいという気持ちが沸き起こり木呂子氏の居城であったと思われる吉野砦へ寄ることにした。
 実のところ吉野砦の場所は候補地がいくつかある。埼玉県道路地図にマーキングしていたのは政所と呼ばれる地名が残る場所。八高線の線路際から見ると小高い丘といった高さだ。城仲間のブログに親切な道案内があるのですぐに着いた。上まで階段が作られているが相当朽ちている。登りきると戦国時代の砦もかくあろうという木切れを立て掛けた柵があった。作業中のお父さんがいたので声をかけると地主さんだった。このお父さんが実に面白い人で30分近く笑い話をしていた。この山は買ったそうで地元の人ではないそうな。ただ、木呂子丹波守の名前は知っていたし、ここが砦跡で時々自分のように訪ねてくる人がいるらしい。そうとあらば一念発起して伐採した杉を使って櫓を復元したそうだが、スズメバチの住処となってしまいえらく困ったとのことだった。抱腹絶倒のうちに吉野砦の散策は終わったが、帰り際に「今度来るときまでには階段を直しておくからね」と言ってくれた。遺構は郭らしい平場があるだけだったが、お父さんの会話がが何よりの手土産だ。
2017/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「竹沢」下車
城跡までは徒歩25分程度