玉川代官屋敷
 
 
陣屋跡の石碑
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町玉川
遺構 水堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 ときがわ町指定史跡
 
文禄3年(1594) 徳川家康の家臣大久保長安が直轄領支配のため陣屋を構える
宝暦7年(1710) 玉川陣屋は廃止となる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 昔、玉川村はとにかく交通の便が悪い場所だった。都幾川村と合併した今もそれは変わらない。でも城館跡があるから行かねばならぬ。ただ、ここは戦友と車で訪れた。この陣屋跡の石碑のためだけに訪れたわけではなく、付近の城館跡を訪ねたついでに立ち寄った。石碑と案内板があるが実は道路の南側に堀跡が今もある。日本城郭大系はこの堀の存在を記しているから執筆者は丹念に現地踏査したのだろう。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「明覚」下車
陣屋跡までは徒歩15分程度