玉川城
 
 
東尾根の石積み
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町田黒
遺構 郭・土塁・堀切・水堀・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
戦国時代 北条氏の家臣遠山光景が築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡。小倉城も落城したと伝わる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
鉄道を利用するとかなり苦戦を強いられる
いちばん近いのは明覚駅だが八高線の本数を考慮すると
東武東上線の武蔵嵐山駅が無難
遺構はとても良い状態で残っている
土塁の規模や岩盤掘削の堀切が見事だった
何といっても小倉城の名物は石積みだろう
平たい石を積んだ布積みがいたるところに残っている
国史跡となってからは整備が進んでいるが
樹木を伐採しすぎて城が崩壊しないかちょっと不安
 
小倉城遠景 水堀 東尾根の郭
東尾根の石積み 竪堀 二の郭跡の虎口
二の郭跡の土塁 二の郭跡の櫓台 主郭西の堀切
主郭跡 主郭跡の土塁 北尾根の堀切
 
 比企郡を代表する城のひとつだと思う。最初に訪れたときは武蔵嵐山から歩いて行った。途中、山越えあり丘越えありでずいぶんとくたびれはてて城跡に着いたものだった。それでも遺構を見たら疲れも吹き飛ぶぐらいの中身の濃い城跡だ。見どころはやっぱり緑泥片岩を多用した石積みにあるのではないでしょうか。
 一部で補強のために土嚢を詰めたりしているけど、これだけふんだんに石積みが施されている城跡は埼玉県内では珍しい。まるで長野県の山城を見ているかのようだった。岩盤を削り取った堀切もまたダイナミックだ。遠山氏の築城とされる城だけど、やっぱり上田氏が手を加えて今に残る規模の城に拡張していったのが真実だと思った。再訪問したときは国史跡となったあとだったから、樹木はさらに伐採されてすっきりとしていた。おかげで遺構がとても良い状態で見ることが可能となった。土塁、こんなに高かったんだと思いつつ落ち葉を踏みしめて城跡を散策した。駅から遠いのがちょっとどころかかなりの難点だけど、無理してでも訪れる値打ちのある城跡であることは僕が保証する。
2006/03/17・2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「明覚」下車
ときがわ町内バス「小川町」行きで「田黒」下車
城跡までは徒歩30分程度