大津久城
 
 
虎口
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町西平
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
天正年間(1573〜92) 上田朝直が慈光寺攻めのために築城
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
最寄りのバス停からはかなり距離があるが
景色もよく車も少ない気持ちの良い道が続く
登山道からは道標も要所に設置されている
城跡は見事なまでによく遺構が残っており
個人的には堀切の巨大さと切岸の鋭さがお気に入り
杉が植林されて眺望が利くのは主郭北側ぐらいだった
主郭東側の法面から石積みが出たらしいが見ていない
過度な整備はいらないからこのまま保存してほしい
 
大築城遠景 モロドノ郭 竪堀
東端の堀切 大堀切 虎口郭
二の郭跡 主郭跡 城跡からの眺望
 
 過去に2度訪れた城だがいずれも大満足だった。その存在は知られてはいたが、昭和40年代の台風被害によってはじめて本格的な山城が存在していたことがわかったという伝説めいた城だ。伝説といえば幻の吾那蜆城ではないかとも詮索されているが、個人的にはその可能性は少なくないと思う。
 人里から離れた場所にあるのでちょっと心細くなるが道はしっかりとしている。ときがわ町側より越生町側から登るほうが楽だ。遺構はほとんど完全に残っているが、二度目に来たときに「こんなに凄い城だったっけ?」と思ったぐらい堀切は深かった。他にいろいろな城跡を見て比較対象が増えたからそう思えるようになったのだろう。
 歴史はあまりはっきりしていないが、寺院勢力として隠然たる力を持っていた慈光寺を焼き討ちするために築かれた城らしい。関東にも織田信長みたいなことをした武将がいたわけだ。当時の坊主は焼き討ちされても仕方ないぐらいのことをしていたから自業自得だろう。
 それにしても気持ちの良い山道だ。城跡抜きにしても訪れて楽しい道だと思う。都心からも程近い場所でこんなに清々しい気分に浸れるのがありがたいと思う。思えば初めて来たとき、越生駅前で携帯電話が圏外だった。今はそんなこともなくなったが、清流と自然は今も健在だった。
2006/03/30・2017/01/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武越生線「越生」下車
川越観光バス「黒山」行きで「麦原入口」下車
登山道入口までは徒歩80分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項